HOME > ミュージック > 澤田 一成ログイン

澤田 一成

1978年 津軽三味線奏者の父と囃し方和太鼓演奏者の母の間に生まれ、子供の頃から三味線や太鼓の音を聴きながら育った。
1999年 父と同門の澤田流津軽三味線奏者澤田勝成師に入門し2001年に名取りとなる。
2000年 日本商船の「日本丸」に邦楽クルーとして乗船し船内ディナーショーでは好評を博した。又、この年から東京銀座の津軽三味線ライブハウスにレギュラーとして出演する傍ら師匠の澤田勝成のCD製作に参画し演奏のほか作曲も手がけ始めた。
2002年 青森県弘前市で開催される「津軽三味線全国大会」にC級で初参加し優勝する。又、翌年B級で参加しこれも優勝した。
その他NHK文化センター主催の「イタリア公演」・新宿コマ劇場で「橋幸夫コンサート」・NHKの「BS日本の唄」・国際基金の南米公演など活躍している。
2003年 日本の伝統芸能を広めたり後世に残すため津軽三味線教室「一成会」を結成し後輩の育成を開始した。
2003年 三味線の高橋洋輔(澤田一成)とギターのヨーヘイヤマガタを中心として和洋楽器の演奏集団「沙楽」を結成、活動を開始した。
2006年 第1回和洋楽器グループ・コンテスト(日本民謡協会主催)にて「沙楽」が審査員奨励賞を受賞
2007年 第2回和洋楽器グループ・コンテスト(日本民謡協会主催)にて「沙楽」が準グランプリを受賞



オフィシャルホームページ



ブログ


Copyright © 2009 YELLOWSPAN All Rights Reserved.